診療報酬に関する院内掲示について

2024/06/14

令和6年6月診療報酬改定に基づき、施設基準等で定められている、保険医療機関の掲示事項についてホームページ上に掲載いたします。

医療DX推進体制整備加算 • 在宅医療DX情報活用加算】
オンライン請求を行っております。
オンライン資格確認を行う体制を有しております。
医師が電子資格確認を利用して取得した診療情報を診察室や処置室等において、閲覧や活用できる閲覧や活用できる体制を有しております。
電子処方箋を発行する体制を順次開始予定です。
電子カルテ情報共有サービスを活用できる体制を有しております。
マイナンバーカードの健康保険証利用について、ポスター掲示、お声かけを行っています。
質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、活用して診療を行うことについて掲示しています


在宅医療情報連携加算】
患者さまの診療情報等について、連携する関係機関とICTを用いて共有し、常に確認で きる体制を有しております。
患者さま同意の上、地域において連携する関係機関以外の保険医療機関等ともICTを用いて情報を共有し連携しております。

連携機関:
訪問看護ステーション(五十音順)
・LE在宅・施設 訪問看護リハビリステーション高円寺支店
・オラロア訪問看護リハビリステーション新高円寺
・ソフィアメディ訪問看護ステーション
・ホウカンTOKYO杉並・中野
保険薬局(五十音順)
・方南町共立薬局
・まんまる薬局LSB吉祥寺

【医療情報取得加算】
 オンライン資格確認を行う体制を有しています。
 受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行います。
 正確な情報を取得・活用するためマイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします

【明細書発行体制等加算】
当院では、個別に診療報酬の算定項目が分かる明細書を無料で発行しています。
明細書には使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されますのでその点をご理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合はその代理の方への発行を含めて、明細書の発行を希望されない方は会計窓口にてその旨お申し出ください


【外来感染対策向上加算】

当院では、院内感染防止対策として、下記のような取り組みを行っています。
・感染管理者である医師が中心となり、従業員全員で院内感染対策を推進します。
・標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成しています。
研修等を通じて院内感染対策の基本的な考え方や関連知識の習得に努めます。
・定期的に院内を巡回し院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染対策の実施状況等を確認しています。
・感染性の高い疾患が疑われる場合には、必要に応じて動線などに配慮し対応します。
厚生労働省の指針に則り抗菌薬を適正に使用します。
・少なくとも年 2 回程度、感染対策向上加算 1 に係る届出を行った医療機関が、定期的に主催する院内感染対策に関するカンファレンスに参加。また、感染対策向上加算 1 に係る届出を行った医療機関が主催する新興感染症の発生等を想定した訓練に少なくとも年 1 回参加しています。

・新興感染症の発生時等に、都道府県の要請を受けて発熱患者の往診等を実施する体制を有しそのことを東京都のホームページで公開しています。

このような取り組みから、患者様おひとりにつき月1回「外来感染対策向上加算」を算定させていただいております。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます

【情報通信機器を用いた診療】

情報通信機器を用いた診療の初診の場合には、睡眠薬など向精神薬は処方できません。

【機能強化加算】
当院では地域におけるかかりつけ医療機関として、患者様の「健康診断の結果等の健康管理に関する相談、保険・福祉サービスに関する相談および夜間・休日の問い合わせ」への対応を行い、必要に応じ、専門医療機関への紹介をいたします。

【地域包括診療加算】
当院では患者様の「健康相談・予防接種に関する相談・介護保険制度の利用に関する相談」への対応を行っています。
介護支援専門員・相談支援専門員からの相談には適時対応しております。
患者様の状態に応じて、28日以上の投薬やリフィル処方箋を交付することが可能です。

 

PAGE TOP